業績

2021年3月28日現在

原著論文

[1] Ideriha, T. & Ushiyama, J. Rhythmic Accessibility to Sequential Working Memory in a Theta Phase-Dependent Manner. bioRxiv 2021.03.18.435754 (2021).
リンクはこちら

学会発表

[1] Takuya Ideriha, Junichi Ushiyama,“ Individual difference in executive functions of working memory and its relation to fronto-parietal theta coherence”, Neuro2019, PA-337, Niigata, 2019/07. (査読有り・国際学会)
[2] 出利葉拓也, 牛山潤一,「ワーキングメモリにおける実行機能の個人差と脳領域間の脳波同期性の関係」, 第13回モーター・コントロール研究会, A07, 東京, 2019/08. (査読有り・国内学会)

その他学術的活動

[1] 2018年度 湘南藤沢学会, 研究会優秀論文採択, 2019/03.
[2] Evolving SFC Neuro Program Final Presentation 2018-2019, 藤井賞, 2019/01.
[3] 2019年度 森泰吉郎記念研究振興基⾦, 研究者育成費採択, 2019/05-2020/03.
[4] 2020年度 森泰吉郎記念研究振興基⾦, 研究者育成費採択, 2020/05-2021/03.
[5] 2021年度 笹川科学研究助成採択, 2021/04-2022/03.

仕事

[1] NTTデータ経営研究所ニューロイノベーションユニット(アルバイト、2017-現在)
内容:脳波ニューロフィードバックデモプログラム作成(MATLAB)・論文調査(脳卒中リハビリテーション関連ほか)・論文データベース作成など
[2] Relook株式会社(論文調査代行、2020-現在)
内容:国際学術論文調査(瞑想・催眠・睡眠など計200本以上)・メディア記事執筆(10本以上)
[3] 教育(大学受験)
内容:家庭教師で1年間・武田塾で6年間勤務(今後は個人でオンライン/オフライン家庭教師予定)

※仕事常時募集しています。詳しくはこちら